その仕事好きでやっていますか?しょうがなくやっていますか?

突然ですが、独立を考えている方に質問です。独立するときにしようとしている仕事は好きなことですか?今回は、好きなことを仕事にすることはとても重要だと言うお話しです。

その仕事好きでやってますか?

独立するときに重要なことのひとつに独立してやろうとしている仕事が好きなことかと言うものがあります。ここでは、好きな仕事で独立するべき理由をお話しします。

長続きしない

好きな仕事で独立するべき理由1つ目は、長続きしないからというものです。世の中には稼げると言われている仕事はあります。

ただ、その仕事があなたに合うかどうか、あなたが好きかどうかは別問題です。稼げるからと好きでもない仕事を続けているとどこかで息切れしてしまいます。

その理由は、その仕事が好きじゃないからです。仕事は毎日辞めるまで続けなければなりません。独立したらなおさらその仕事でやっていかなければなりません。

好きじゃない仕事に向き合うのは、数ヶ月は我慢できても数年、数十年と我慢できるものではありません。だから稼げるからと好きでもない仕事をしてしまうと長続きしません。

逆に、期限や目的を明確にしてやるのは問題ありません。独立後にすぐに稼ぐのは難しいケースも出てきます。

私も独立して軌道に乗るまでの数ヶ月は、ライターとして生計を立てていた時期がありましたが、月の最低収入の確保とやるのは半年と決めていました。

熱意が伝わらない

好きな仕事で独立するべき理由2つ目は、相手に熱意が伝わらないというものです。好きでもない仕事をやっているので「嫌々感」が出てしまうことが原因です。

その嫌々感は人によっては、「やる気がない」と見えたり「売りる気がない」と見えたりします。サラリーマン でいるときは、会社の看板がありましたが独立すると自分しかありません。

一度相手にネガティブな印象を与えてしまうと、再度チャンスを手に入れるのは困難になってしまいます。一方、好きなことを仕事にしているとその楽しさが相手にも伝わります。

売れることと直接関係はありませんが、売れるチャンスは増えてきます。理由は、好きな仕事をしているから誰かに伝えたいと思い、誰かに伝えたいと思うからターゲットに足を運ぶからです。

稼げない

好きな仕事で独立するべき理由3つ目は、稼げないというものです。前述したことの重複にもなりますが、好きではない仕事で独立してしまうと長続きしないため稼げません。

稼げないので稼げる仕事に飛びついてしまうため、また長続きせず稼げないという悪循環に陥ってしまいます。

まずは、何がしたいのかをじっくりと考えることから始めます。その際にこれまであなたがやってきたことが強みになることもあります。

逆に憧れや聞きかじりで始めるのはお勧めしません。特にネットや書籍などで「稼げる」と書かれている仕事での独立は危険が伴います。

そのためにも独立前にあなたの強みや弱み、何がしたいのかを自分と向き合って考える時間が必要です。人に相談するのはそれからです。

最初から相談してしまうと相談した人の思考のまま独立してしまうことになり、結果的に好きなことを仕事にはできません。

まずは自分で考える時間を持つこと

今回は、好きな仕事で独立するべき理由についてお話ししました。

勤め時代とは違って自分がやったらやっただけ返ってくる可能性が高いのが独立ですが、やり方を間違えてしまうとやってやっても稼げないという状態にもなってしまいます。

そんな事態を避けるには、あなたが何をやりたいのか、あなたの強みや弱みは何なのかを一人でじっくりと考える時間を持つことが大事です。

その上で、これまでの経験や知識スキルが活かせる仕事なのかどうかを考え、最終的にはそれが現実的なものかどうかを判断します。

現実的かどうかは自分では判断できないので、この部分は他の人に相談することになります。できれば、独立した人に相談できるとベストです。

そういう時間を惜しまずやることであなたが好きな仕事をして独立することができます。