2か月の勉強で2級FP技能検定に一発で合格するポイント3つとは?

ビジネス

3級FP技能士は、自分の家計に役立つと言われています。一方、2級FP技能士は、ビジネスの場で役立つと言われていることから、ビジネスマンが受験するケースが多く見られます。2級FP技能検定に合格するとAFPやCFPへの道も拓けます。今回は、ビジネスの場で人気の資格、2級FP技能検定に2ヶ月で合格するポイントについてお話します。

2か月間で2級FP技能検定に合格するポイント

2ヶ月で合格レベルにまで上げるためにはいくつかのポイントがあります。そのポイントは、3級の学習の継続がキーとなります。ここでは、2ヶ月で2級FP技能検定に合格するポイントについてお話します。

問題集を何度も解く

2か月間で2級FP技能検定に合格するポイント1つ目は、問題集を何度も解くことです。

3級受検である程度基本的なことは身についているはずなので、とにかく問題を解いて苦手項目の洗い出しと克服を心掛けます。

また、2級は3級と違って問題文も長く、回答の選択肢も増えていますので、そういった”違い”にも慣れることもあります。

ちなみに3級と2級の試験内容の違いは、下記の表のようになります。

対象科目 2級で追加
ライフプランニングと資金計画 中小法人の資金計画
タックスプランニング 法人税
法人住民税
法人事業税
消費税
会社、役員間及び会社間の税務
決算書と法人税申告書
諸外国の税制度
相続・事業継承 事業承継対策
事業と経営

2級では法人向けの内容も含まれてきます。

スケジュールを考える

2か月間で2級FP技能検定に合格するポイント2つ目は、スケジュールを考えることです。

3級で基本は身についているとはいえ、2ヶ月しかないのでできることも限られています。

問題を解きながら苦手項目を洗い出したあとは、初めの1か月間で苦手科目を重点的に進めます。

残り1か月は、過去問など本番を想定した問題を解いていきながら、出題形式に慣れていきます。

ちなみに3級では試験時間は余裕があったのですが、2級では実技で時間ギリギリになってしまいました。

実技では、解答群から選択するものばかりではなく、自分で解答を導き出して解答用紙に記入します。

3級で使った教材の2級版を使用する

2か月間で2級FP技能検定に合格するポイント3つ目は、3級で使った教材の2級版を使うことをおすすめします。

理由は、2ヶ月という短い時間の中でテキストや問題集の構成に慣れる時間は取れないからです。

テキストによって紙面の構成はかなり異なりますし、取り扱う内容の深度もさまざまです。

いろいろなテキストを見て試験対策をするという考えもありますが、それは十分な時間がある場合のことです。

2級FP技能検定は3級FP技能検定よりも深度が深くなる

今回は、2ヶ月で2級FP技能検定に合格するポイントについてお話しました。

短期間の勉強で合格するには効率的に学習を進めなければなりませんが、進めるためには環境の整備も必要になります。

環境の整備には、時間を取ることも含まれますが、最も重要視するべきは3級時の環境を引き継ぐことです。

2級は3級の学習内容をすべて引き継ぐことができます。各科目の深度が深くなります。

3級の学習時に使ったテキストで合格できたということは、少なくともそのテキストの内容は合格レベルにあるということです。

そう考えるなら2級のテキストや問題集も3級時に使ったテキストの2級版を使う方が効率的です。

2級FP技能検定で使用したテキスト、問題集は下記です。

テキスト

問題集