サイトリリースしました。「独立」をテーマに人生で迎えるさまざまな場面で起こる独立について考えるサイトです。

サラリーマンが独立してもうまくいかない理由

サラリーマンが独立してもうまくいかない理由

独立に関する書籍やネット環境の発達で、以前より簡単に独立に関する情報収集ができるようになりました。

そのことも影響して独立するサラリーマンは大勢います。ただし、その多くが5年内に独立をやめています。

今回は、サラリーマンが独立してもうまくいかない理由についてお話します。

独立したら思考も変える

独立したら思考も変える

サラリーマン時代には気づかないものですが、独立してみるといろいろなメリットに気づきます。

ここでは、独立後に事業を軌道に乗せるための思考についてお話します。

代わりはいない

当然のことですが、大事なことなのでお話すると、独立後は自分以外に代わりはいません。

なぜ、大事なのかというとサラリーマン時代は、上司や同僚後輩がなんとかサポートしてくれます。

一方、独立後はたとえ病気になって休んだとしても、代わりはいないので、仕事が滞ることは避けられません。

これは独立後に直面する現実で、多くの個人事業主が抱える恐怖でもあります。

やりきることが大事

多くの個人事業主は、仕事がなくなることに対して、常に恐怖を抱えている話をしました。

独立後もサラリーマン時代と同じように何かしら理由をつけて先延ばしにすることが多い方は仕事がなくなる可能性があるので要注意です。

ただし、変わることはできます。そのポイントは、独立する前から「期限は守る」「遅刻しない」を何が何でも守ることです。

独立後でもこの2つを守れない場合は仕事がなくなるので死活問題です。

独立後の夢と現実

独立後の夢と現実

夢と希望を持って独立したものの、日を重ねるごとに落胆と絶望に変わっていくことがあります。

原因がはっきりと認識できていれば対処のしようがありますが、ほとんどのケースでそれはありえません。

ここでは、独立後の夢と現実についてお話します。

仕事がないは死活問題

ここで言う仕事がないというのは、収入が上がらないという意味です。実は、問い合わせや営業活動をしていると仕事をしている気になるので注意が必要です。

もちろん、見込み客の発掘という意味では、営業活動は常に必要です。ただ、どれだけ見込み客を増やしても収入が上がらなければ、見込み客でしかありません。

見込み客をどれだけ増やせてもクロージングできなければ売上にはならないので結果的には仕事がないことと変わらなくなります。

うまくいかない理由はほとんどが自分

うまくいかない理由はほとんどが自分

今回は、サラリーマンが独立してもうまくいかない理由についてお話しました。

ポイントは、サラリーマン時代の悪癖をどう打ち破るかです。「今日は疲れたから明日にしよう」などできない理由を探してやらない選択をやめることから始めましょう。

あわせて自分で決めた期限は何が何でも守ることと何があっても遅刻をしないことを肝に銘じることです。

独立後にこの2つをしてしまうと致命傷となり、結果仕事はもらえなくなります。